血糖値を下げながら、楽しく、鍋料理を食事する食材について。

血糖値コントロールにオススメの鍋の食材

食 宅配

鍋料理は、冬の食卓を彩る楽しみの一つですね。

その鍋料理も、食材を気おつけることによりまして、
血糖値を下げながら、楽しく、食事が出来ます。

血糖値を上げにくい鍋の食材が、ヘルシーなえのき、大根、ごほう、
白菜、イカ、タコ、エビ、カニ、カキ等です。

また、もやし、しらたき、しめじなど野菜を大量にとれるので
鍋料理は、その観点から見ましても体に優しいといえます。

鍋に入れる肉は、余計な脂はおちるので、赤身のロースなどがおすすめです。
トマト鍋やキムチ鍋など味をつけることで食事の満足感もアップします。

締めは、ご飯をいれ雑炊にする方が、ラーメンを入れるよりも
血糖値が上がりにくいです。

どうしても麺が食べたいときは、春雨を利用しましょう。

また、
ほうれん華や小松菜などの葉ものやごぼうなどの根菜類がお勧めです。

カロリー面で気になるの人は、避けたい食材は、カボチャや芋です。

ただし、カボチャや芋は、炭水化物が多くデンプン質で囲まれて
いるので、砂糖のように急激には血糖値は上がりません。


TOPPAGE  TOP