糖尿病の診断基準の境界型についての判断基準などを解説します。

糖尿病の境界型

このページでは、糖尿病の診断基準の境界型について解説します。

糖尿病の境界型とは、
糖尿病とはいえ ないのですが、決して安心できるものではない状態です。

糖尿病の境界型かどうかを判断する基準が、血糖値です。

糖尿病

糖尿病の診断基準では、空腹時の血糖値が110~125
mg/dl、ブドウ糖負荷試験の血糖値が140~199mg/dlだと
「境界型」だと診断されます。

境界型が、危険領域な理由は、糖尿病は境界型を経て、
さらに悪化して糖尿病を発症することが多いためです。


特に注意したい方

女医の説明

肥満している方は、食べ過ぎ、運動不足の生活をしていると
考えられますから、糖尿病に移行する可能性が高いと考える
べきなのに加えまして、糖尿病は、遺伝も関連してきますので
家族に糖尿病患者がいる方は、遺伝的に糖尿病になりやすい
体質であると考えられますので、要注意です。


血糖値をコントロール

糖尿病の境界型の段階では、まずは、食事療法、運動療法に
取り組んみまして、積極的に糖尿病の薬を飲んで血糖値を
コントロールすることは、必要ありません。

糖尿病の境界型の段階で、 糖尿病に対処するのは、非常に重要なことです。

それは、糖尿病の境界型のうちから血糖値のコントロールに
取り組むことによって、合併症が発症するリスクは低く抑えられるからです。

糖尿病の境界型と診断
された方は、この機に生活習慣の改善に取り組んでいきましょう。


TOPPAGE  TOP