生活改善だけで
血糖値コントロールができなければ、どのような治療を行うのかを解説します。

食 宅配

投薬治療

投薬治療といえば、インスリン注射をイメージする方も多いかもしれません。

投薬治療は、運動療法、食事療法で血糖値をコントロールできない場合に
行うのですが、まずは、インスリン注射が必要な、合併症が重症で速やかに
血糖値を下げなければならないなど以外は、血糖値を下げる飲み薬を
処方します。


低血糖が起きない薬?

スルホニル尿素薬(商品名;ヘキストラスチノン、アマリールなど)
という、これまで臨床で最も多く使用されている薬は、膵臓(すいぞう)
に作用し、インスリンの分泌を促すのですが、食事を抜いたり、激しい
運動をして血糖値が下がっている状態で服用すると低血糖になる
ことがありました。

また、長期間服用しつづけると膵臓(すいぞう)を
疲弊させるという問題も指摘されています。

そこで、最近、原理的に低血糖を起こすことは
ないと考えられるような新薬が、開発されました。

その原理は・・・

食事をすると腸からインクレチンというインスリンの分泌を
促進するホルモンが分泌されるのですが、インクレチンは
DPP-4という酵素に分解されるので、インクレチンの働きを
持続させるためにDPP-4の働きを抑えるDPP-4阻害剤
(商品名;ジャヌビア、グラクティブなど)が開発されました。

DPP-4阻害剤は、過剰にインスリンを分泌させることはあり
ませんから、原理的に低血糖を起こすことはないと考えられています。


血糖値をコントロール

インスリン抵抗性を改善するチアゾリジン薬(商品名;アクトスなど)
肝臓からのブドウ糖の放出を抑えるビグアナイド薬
(商品名:メルビン、メデットなど)や、腸における糖の吸収を遅らせる
αグルコシダーゼ阻害剤(商品名;ベイスン、グルコバイなど)といった
薬があり、患者さんの病状に合わせて処方します。


TOPPAGE  TOP